薬剤師の転職向け求人サイト

薬剤師のまま転職する

経験

薬剤師の求人の多さと現実

どの求人情報でも薬局薬剤師の主な業務として書かれているのは、医師から発行された処方箋に基づいて患者様にお薬をお渡しすることです。患者様から患者背景や副作用歴を確認し、処方内容と病状に相違がないかを確認し医師に疑義照会を行い、投薬時は患者様にお薬の服用方法や副作用を不安なく服用できるように説明を行うのが一連の流れです。この流れは勤務年数が長くても変わることがなく仕事内容は1年目とベテランも変化がありません。薬局での定着率も低いので常に求人はあります。しかし薬剤師は年収が高いと思われがちですが、勤務年数が長くなるにつれて一般の平均年収より低くなっていく場合もあります。

薬剤師の業務種類について

薬剤師には、病院だけでなく調剤薬局やドラッグストア、製薬会社などから求人があります。スキルアップを目指すなら病院が有利で、研修制度が充実しているところも多いです。調剤薬局では、自分の経験を生かすことができてやりがいがあります。ドラッグストアでは、高収入が期待できます。調剤以外にも商品を棚に並べたり、レジの担当や店内の掃除をすることもあるので、給料が高く設定されているところが目立ちます。製薬会社は、給料が安定していて福利厚生も充実しています。薬剤師が転職を考える時は、求人サイトに登録して探すと便利です。好条件の非公開案件も多くあり、登録すると紹介してもらえるようになります。

↑PAGE TOP